ブログ

2024-02-15 09:00:00

毎日のながら掃除、ついで掃除で、ストレス知らず。

50歳からの

モノと暮らしの片づけコーチ

恩庄ともみです。

 

また、深夜になってしまいました。

朝の時間は、集中力が高まり、

仕事に最適。

 

特に、情報提供のブログ執筆や

新しいプログラムの考案なんかに当てたいと、

常日頃から考えてはいるのですが、

どうも

夜の時間が好きなんです。

 

 

好きなのか、集中できると勘違いしているのか、

必ず、深夜になってもPCにむかい

ブルーライトを浴び続けています。

 (とてもいけないのですよ…)

 

いかにいけないことかを知らしめるために、

その類いの本を読みあさったりするのですが、

それも効果なし。

 

 

自分でもどうして夜型が変えられないのかが分かりません。

 

 

お風呂の床掃除をしようと、さっき

床に重曹をまいてきちゃったので、

(今頃、汚れが浮き上がっています。)

お風呂に入って掃除して、寝ます。

 

 

いつも、掃除は、ついで掃除です。

だから、ストレスは皆無です。

 

さっと、こすってサッと流します。

掃除は、まめにする。

それだけで、苦行から解放されます。

2024-02-14 09:00:00

モノと対話すると感じる「いい気分」

50歳からの
モノと暮らしの片づけコーチ
恩庄ともみです。

 

 

今日は少し散らかっています。

部屋の乱れは、

モノを雑に扱っている証拠です。

忙しいときはたいてい、

「出したモノを元に戻す」という

「片づけ」がおろそかになります。

 

 

そんなときはモノの顔を見るようにしています。

ほぼすべてのものに、

上下、前後、表裏、があります。

ラベルなどがあるとわかりやすく

 

顔とも言える面があるのです。

その面を正面に合わせると

まるで、対面するような形になります。

 

 

キッチンでは、

冷蔵庫の中の調味料を全員こっちに向けたり、

保存容器をキレイに並べたり、重ねたり、

ロゴや模様、マークを見たら

ちゃんと正面があります。

 

食器も取っ手の向きを揃えたり、

サイズや色を整えたり、

等間隔で並べたり、

 

 

調理器部も持ち手を同じ方向に向けたり、

整列させたりします。

 

 

本は、サイズ間の違う背表紙を手前で揃えたり、

背の高さを意識したり、

 

 

観葉植物や鉢植えだって、

一番いい顔になる向きがありますよね。

 

 

モノを捨てなくても、

ちゃんと顔を見るように

正面に整えて並べてあげたら、

私たちは、とても「いい気分」になります。

 

コレは、モノからエネルギーをもらっている

と感じます。

 

一日の終わりに少しだけ、

ありがとうの気持ちをこめて、

モノを寝床に戻し、顔をみてからねます。

 

 

2024-02-10 10:10:00

「春(張る)財布」購入計画★

10代の時から、占いや開運、風水が大好きでした。

 

今でも、趣味で、様々な占いを試したり、学んだりしています。

 

さて、3年以上使っているお財布は、買い換え時だとか。

そして、春から使い始める財布は、「張る財布」といわれ、

金運が良いようです。

 

肌身離さず持つ財布。

どうせなら、縁起のいいお財布にしたいですものね。

ウキウキしながら、開運財布を作りましょう。

 

開運、東洋占術、お財布風水など参考にしていますよ。

 

>>>>>>>>>>>>

【春(張る)財布】2024

>>>>>>>>>>>>

 

■買う日候補

 

211(日)<巳の日>

220(火)<大安×寅の日>

 

■エネルギーを注入する日(月光浴)

 

224(土)<満月・大吉日>(「よい気分がよい現実を呼ぶ日」…とのこと)

・満月からエネルギーをもらう

※財布を月の光に当てて、フリフリする。

 

■保管

 

・暗くて静かな場所(北側)

・お財布にお金を覚えさせるため、

一万円札をたくさん入れておく!

 

■使い始め

 

315(金)<一粒万倍日×天赦日×寅の日>

・午前中に使う

・支払時に笑顔で「いってらっしゃい」、

「たくさん仲間をつれて戻ってきてね。」

と心で語りかける。

 

 

★面白いですね。楽しいですね。

毎日を「いい気分」で過ごすことが、人生の幸せ。

皆さんの幸せに「そうじと片づけ」「開運」でアプローチ★

 

そんな幸せの「気づき」、行動の「きっかけ」になる情報を、『週間メルマガ』で配信中!!

恩庄ともみ 公式メルマガ 

→登録は コチラから

 

 

2024-02-09 09:00:00

「捨てられない」と、家は片づかないのか。2

 

「捨てられない」と、家は片づかないのか、

という問いには、「NO」と答えます。

 

「捨てる」という行為は、とてもつらくて、

悲しくて、できたらしたくない

と誰でも感じます。

 

 

 

だから、大切にモノを管理することができたら、

モノは捨てなくてもいいと思います。

 

 

しかし、多すぎるモノを

一つひとつ丁寧に扱い、

 

「とても大切に、手をかけて、目をかけて扱う」ことは、

とても難しいことです。

 

 また、管理するのに、場所と時間と労力をとられます。

 

 

「片づけ」を楽にしようと考えるなら、

残念ながら、「捨てる」という痛みを感じながら、

「モノを減らす」という選択をしなくてはならないです。

 

 

「捨てたくない」なら、

手間暇かけて「モノ」と付き合い、

 

 

「片づけ」を楽にしたいなら、

活かしてあげられなくて「ごめんね」と、謝罪しl

「ありがとね」と、手放すしかないと思います。

 

 

そして、大事なことは、

次からは、買うときに覚悟をもって、

家に招き入れることです。

 

モノへの愛情は、自分への愛情です。

 

自分のことを「雑」に扱っていないか

今一度、考えてみてください。

 

快適な暮らしは、

自分自身を、「おかえり」と

優しく迎え入れる家づくりです。

 

============

モノと暮らしの片づけコーチ

恩庄ともみ

============

\自分を幸せにすると決めたら、家は片づく!/

 

 恩庄ともみ 公式メルマガ 

 

 

 

2024-02-05 09:00:00

節分のそのあと…

50歳からの

モノと暮らしの片づけコーチの

恩庄ともみです。

 

お掃除を仕事にしています。

教えたり、

訪問したり…

 

お掃除で、とてもほっこり幸せになる

エピソード。

 

お部屋の隅っこから、

豆。

豆。。

こっちにも、

豆。

豆。

ころころ豆。

 

あ、ここにも

豆。

 

今日は、

とても、とても微笑ましく、

幸福になる。

お掃除でした。

 

 

1 2 3 4