ブログ

2024-02-14 09:00:00

モノと対話すると感じる「いい気分」

50歳からの
モノと暮らしの片づけコーチ
恩庄ともみです。

 

 

今日は少し散らかっています。

部屋の乱れは、

モノを雑に扱っている証拠です。

忙しいときはたいてい、

「出したモノを元に戻す」という

「片づけ」がおろそかになります。

 

 

そんなときはモノの顔を見るようにしています。

ほぼすべてのものに、

上下、前後、表裏、があります。

ラベルなどがあるとわかりやすく

 

顔とも言える面があるのです。

その面を正面に合わせると

まるで、対面するような形になります。

 

 

キッチンでは、

冷蔵庫の中の調味料を全員こっちに向けたり、

保存容器をキレイに並べたり、重ねたり、

ロゴや模様、マークを見たら

ちゃんと正面があります。

 

食器も取っ手の向きを揃えたり、

サイズや色を整えたり、

等間隔で並べたり、

 

 

調理器部も持ち手を同じ方向に向けたり、

整列させたりします。

 

 

本は、サイズ間の違う背表紙を手前で揃えたり、

背の高さを意識したり、

 

 

観葉植物や鉢植えだって、

一番いい顔になる向きがありますよね。

 

 

モノを捨てなくても、

ちゃんと顔を見るように

正面に整えて並べてあげたら、

私たちは、とても「いい気分」になります。

 

コレは、モノからエネルギーをもらっている

と感じます。

 

一日の終わりに少しだけ、

ありがとうの気持ちをこめて、

モノを寝床に戻し、顔をみてからねます。

 

 

2024-02-09 09:00:00

「捨てられない」と、家は片づかないのか。2

 

「捨てられない」と、家は片づかないのか、

という問いには、「NO」と答えます。

 

「捨てる」という行為は、とてもつらくて、

悲しくて、できたらしたくない

と誰でも感じます。

 

 

 

だから、大切にモノを管理することができたら、

モノは捨てなくてもいいと思います。

 

 

しかし、多すぎるモノを

一つひとつ丁寧に扱い、

 

「とても大切に、手をかけて、目をかけて扱う」ことは、

とても難しいことです。

 

 また、管理するのに、場所と時間と労力をとられます。

 

 

「片づけ」を楽にしようと考えるなら、

残念ながら、「捨てる」という痛みを感じながら、

「モノを減らす」という選択をしなくてはならないです。

 

 

「捨てたくない」なら、

手間暇かけて「モノ」と付き合い、

 

 

「片づけ」を楽にしたいなら、

活かしてあげられなくて「ごめんね」と、謝罪しl

「ありがとね」と、手放すしかないと思います。

 

 

そして、大事なことは、

次からは、買うときに覚悟をもって、

家に招き入れることです。

 

モノへの愛情は、自分への愛情です。

 

自分のことを「雑」に扱っていないか

今一度、考えてみてください。

 

快適な暮らしは、

自分自身を、「おかえり」と

優しく迎え入れる家づくりです。

 

============

モノと暮らしの片づけコーチ

恩庄ともみ

============

\自分を幸せにすると決めたら、家は片づく!/

 

 恩庄ともみ 公式メルマガ 

 

 

 

2024-02-05 09:00:00

「捨てられない」と、家は片づかないのか。

 

片づけのお悩みに

 

モノが多いのに、「捨てられない」

 

というものがあります。

 

自分の暮らしに役立つと思って買ってきたり、

自分を幸福にすると思って、

連れて帰ってきたものですから

当然、簡単には捨てられませんl。

 

必死で働いてもらったお給料を使って、

あるいは、貯金をはたいて買った物も、

買ったときに高かったと感じるモノや、

誰それさんからもらったモノも、

未開封のモノも、

 

当然、捨てられません。

 

当然、使ってあげていたら、

全く問題ないのですが

 

クローゼットの奥や

押入れの奥に押し込まれたら、

とても悲しいことです。

 

 

 

 

モノを手に取り、表(顔)を見て、

どうして、私は、あなたを使ってあげないのだろうか。

と、問うてみてください。

 

…続く。

2024-01-17 08:30:00

「部屋は自分を映し出す鏡」と言われるわけ

2024年の幕開けは、非常に衝撃的でした。

能登半島地震で被災された方にお悔やみ申し上げ、

無事と一刻も早い平穏な日々の訪れを祈ります。

 

阪神大震災の火事と重なるところがあり、

胸のざわざわがおさまりません。

今日は、1月17日。

併せて手を合わせたいと思います。

 

 

さて、「片づけ」を考えるとき、

私たちの内面は、部屋に投影されるとよく言われます。

 

私自身は、忙しさが混んできたとき、

寝る前に「元に戻す」という作業が面倒になり

部屋が乱れてきます。

 

そうすると、朝を気持ちよく迎えられず、

集中力がなくなり、午前中は雑多なことに手を取られます。

 

結局、夜に片づけるよりも、時間が掛かってしまい、気分も晴れません。

乱れた部屋は、心を乱します。

 

昔、是枝監督の『万引き家族』のという映画がありました。

お金に困り、万引きをくり返すその家族の家は、

それはそれは、モノであふれ、

モノに固執するというのは、こういうことか。と、

人工的に作られたセットが、登場人物を表すという点で、

衝撃的でした。

 

つまり、モノだらけの家で暮らす人は、

モノに空間を奪われ、無言でモノに支配されている気がします。

 

見えない力に操られているかのように、

気力を失い、イライラし、鬱々し、落ち込む。

考えがまとまらず、終始気が散り、何もかもうまく行かない。

 

 

まさに、心の中を映し出している。

心が先か、部屋の乱れが先か…

 

それを解明することより、

部屋を少しずつ整えていく方が

解決は早い気がします。

 

 「部屋は自分を映し出す鏡」

自分の心と部屋が、完全にリンクしていると感じます。

 

目に見えない不調(内面)が、

目に見える形(部屋の乱れ)となって表面化する。

 

気づかせてくれているのですね。

ちょっと、疲れてない?

ちょっと、無理していない?

キャパオーバーなんじゃない?

 

って。

 

部屋の乱れは、自分の不調。

深呼吸。

休息。

睡眠。

 

自分を慈しみ、丁寧に扱うことが、

ゆとりをうみ、モノを丁寧に扱い、

モノから良いエネルギーをもらえ、

暮らしが整っていくのではないでしょうか。

 

 

自分の気持ちが穏やかで、余裕があると、

部屋は片づきますから。

 

 

何かが、きっと変わります。

2024-01-10 08:30:00

『エネルギーを整える』三上隆之著

ライフエネルギーバランスを整える

 

病院にいっても原因が分からないような不調は

体の中のエネルギーが低下しているということ、

 

体内のエネルギーを高める1つとして、

住空間を整えることが上げられています。

 

そうじをして、清潔を保つこと。

片づけをして、空間を整えること。

 

誰にとっても、住空間を整えることが

心と体の健康を取り戻す、

重要なアクションであることを

裏付けてくださった、

素晴らしい本に出会えました。

 

1 2