お知らせ

2019 / 09 / 13  08:00

『皆で使うその場所スッキリ片づけて家族の会話質を上げよう』

黄花ハウス.jpg

個人を尊重するようになってきて、

家族のつながりが希薄になりつつあると感じます。

それでもやはり、いざと言うときは、助け合って、支えあうのが家族なのでしょうね。

 

散らかった部屋では、誰もが「イライラ」します。

「おまえが悪い!」と人のせいにしてみたり…

売り言葉に買い言葉で、

言いたく無かったことを口走ってしまったり。

 

会話もなく、部屋にこもったり、…

そのようなことがないように、

 

「お帰り」

「お疲れ様」

「今日も一日ありがとう」

 

そんな言葉が行き交うような、

帰宅後はスッキリした部屋にしておきたいですね。

2019 / 09 / 11  08:00

『こんなモノ持ってたかしらと首かしげそのままたたんで奥に押し込む』

ac_tansu.jpg

モノの持ち方は、なかなか変えることができません。

持っているモノは、何らかの理由があって、

自分が持ち込んだものです。

 

買ったときは、嬉しい気持ちとともに持ち帰ったのに、

いつの間にか使わなくなってしまったモノ

着なくなってしまったモノ、

それらを手放すことや、処分することは、

皆さん、ストレスになります。

 

もったいない、せっかく買ったのに、

お金の無駄遣いになってしまう。

モノを粗末にしてはいけない。

などという思いから、なかなか手放せないでいます。

 

しかし、管理できないほどの量を持ってしまっては、

全てのモノを、活かして使ってあげられません。

そのほうが「モノを粗末にしています」

飼い殺し、持ち殺し?!

 

使ってあげてこそ、モノは喜びます!

2019 / 09 / 09  08:00

『邪魔になる場所で出番を考える「何かに使う」の何かは何か』

ハテナ_人.jpg

どうしてでしょうか。

キレイな箱や

キレイな包装紙や

カワイイ缶や

包装のリボン…

 

ついつい取っておいてしまうのは。

「何かに使おう!」

「誰かにプレゼントするときに!」

 

でも、本当に使うか?

そんなにたくさんいるか?

いつ誰に、プレゼントする?

 

と考えると必要ないモノがほとんどなんです。

それでも即ゴミ箱に入れられないモノは、

私は、キッチンの食器棚の前に

スーパーのマイカゴを置いてそこに入れます。

 

そしてしばらく「邪魔だなぁ、」と思いながら

考えます。ホントに使う?

何に使うの?

 

そして、結局使い道を思いつかず、処分することになります。

 

そのようなことを続けていると、

今後は、過剰包装を断ったり、はじめから必要ないと処分できたりします。

 

モノを手に入れるときに、真剣に考える習慣がつきます!

 

2019 / 09 / 07  08:00

『しまいなさい!帰る場所が決まっていて戻しやすくなっていますか』

ac_genkan.jpg

『しまいなさい』

『片づけなさい』

 

は、残念ながらNGワードです。

 

『もとの場所に戻してね』

 

 といって、家族みんなが使ったモノを元に戻すことを習慣にしたいですね。

 

全てのモノに帰る場所が決まっていて、

入れやすい仕組みができ上げっていたら、

家族も出したモノ、使ったモノを、もとに戻しやすくなります。

 

靴箱の場合は、高さも意識して、

小さなお子さんには、下の方に定位置を決めてあげてください。

もちろん、難しい収納はできませんので、一足を置くだけ。

にしてあげてくださいね。

 

玄関のたたきは、お家の顔。

出しっ放しの靴など無く、

きれいに保ちたいものです。

 

2019 / 09 / 05  08:00

『モノ多いままではしまうは超難問まずは減らして楽しく収納』

f13c2bbb5be2c6bcf158fb0b80b29197_m.jpg

書店に行けば、たくさんの『収納』の本があります。

インテリアの本もとても参考になります。

 

インスタでもブログでも

とっても素敵なまねしたい部屋がたくさんあります。

 

だけどもし、あなたがモノが多い方だったら、

 

ちょっと待った!

 

です。

素敵な収納は、使っているモノを選び取ったあとでないと、実現が難しいです。

 

お片づけの悩みのほとんどは、「モノが多い」ところに起因しています。

数を減らしたら、『収納』をはじめインテリアを考えること、とても楽しくなります。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...