お知らせ

2019 / 07 / 15  21:00

『床置きを やめるだけでも広くなる お掃除ロボット 今日もグッジョブ!

リビング0203.jpg

部屋が散らかっているイメージは、床にモノがあふれている状態。

モノの帰る場所が決まっていないため、出しっ放しになります。

 

片づけが苦手。

時間がない。

けれど、すっきり暮らしたい…

 

そんな方の第一歩は、

まず『床にモノを置かない!』

それだけを厳守してみてください。

 

出かける前に床のモノを、

とにかくどこかにあげる。

すると、帰宅したときに、

散らかった部屋に、

どっと疲れがでることがありません。

 

くちゃくちゃのままでも、バラバラのモノでも、

とにかく床に置いたモノを、上に上げる。

ベッドの上、イスの上、テーブルの上、

カウンターの上、とにかく床だけ何も置かない。

 

まずはそこから始めてください。

 

お掃除ロボットも、サクサク仕事をこなしてくれます。

 

 

 

 

2019 / 07 / 14  17:08

『その服は、あなたを素敵に見せますか ほしくもなかった安売りの服』

ac_tansu.jpg

私たちが「モノ」を増やしてしまう理由に

「安かったから」というものがあります。

 

それがほしくて買い物に行ったわけではないのに、

目についた安売りの服をかってしまう。

「タイムセールで~す!」という店員さんの声に、

買わないと損する!とばかりに、

ほしくなかった服を買ってしまったり…

3枚1,000円。という宣伝文句に、

1枚しかいらないのに3枚買ってしまったり。

 

そうやって、私たちはモノを増やしてしまいます。

増えた服は、まだ着ていない、まだ着れる、もったいない…といって、

手放すこともできず、食品と違い腐りもしないから、延々と増殖してゆくのです。

 

あふれた服をお持ちの方は、じーっと服を眺めてみてください。

あなたを美しく素敵に見せることを夢見て、

あなたの家にやってきたその服を、あなたは着てあげていますか。

 

2019 / 07 / 14  08:00

『床置きをやめるだけでも広くなる お掃除ロボット今日もGoodjob!』

ダイニング.jpg

 わが家にお掃除ロボットは無いけれど

床にモノがなければ、お掃除ロボットもサクサクおしごとができるだろうなぁ、

といつも想像します。

 

さして広くもない家で、さして忙しくもない私が

お掃除ロボットなんておこがましい

と思いながら、愛しのお掃除ロボットに出会いたい気もしています。

 

段差があっては家は無理。

と言われたことがあります。

 

そうですね、広い広いLDKがあるお家向けかもしれません。

せっせと、自らお掃除することにします。

 

お掃除は、お金のかからない、

プチエクササイズになりますしね。

2019 / 07 / 13  08:00

『いつまでも 「整理」に迷いがあるのなら それと暮らしてウキウキしますか』

「整理」とは、

「不必要なモノを取り除くこと」

です。

 

必要なモノだけと暮らせたら、

楽で快適です。

 

「わかっているのよ。」

 

使っていないけれど、手放せなくて迷ったとき、

そのモノは、

* 私を「ウキウキ」とした気持ちにさせてくれるか。

* なくした時・壊れた時、もう一度同じ値段かそれ以上出してでも欲しいか。

で判断してみてください。

 

意外と、それだけの思い入れがあるモノはありません。

 

使っていないモノは、潔く手放し、

今後は、連れて帰るモノを厳選して選びたいものです。

 

 

 

 

2019 / 07 / 12  08:00

『大切にするは 大事に使うこと 決してしまい込むことではない』

食器棚.jpg

「モノを大切にしましょう!」

 

立派な教えですね。

モノは大切に使用すると、

その働きで応えてくれます。

そして、長持ちします。

「モノを大切にする」

は、大事に使うこと。

とことん使って、使い切ったとき

「ありがとう」と手放せたら

人もモノも、とても幸せです。